トップページ  >  当院について

当院について

ごあいさつ / 理念・基本方針 / 病院概要 / 沿革

病院概要

名称 榊原温泉病院
開設日

昭和57年3月5日

脳血管障害後遺症の治療と温泉の医療効果を活かしたリハビリテーションを提供するため県下初の温泉病院として設立

所在地 三重県津市榊原町1033番地の4
会長 近藤 功
名誉院長 藤田 光次
院長 野田 悦生
病床数

305床(一般139床〔内科49床/整形外科42床/回復期リハ48床〕)

療養型病床(166床)

診療科目 内科、整形外科、脳神経外科、神経内科、泌尿器科、眼科、
リハビリテーション科
主要施設

回復期リハビリテーション病棟、脳ドック、血液サラサラ外来

【医療器械】

MRI、CT、DSA付X線テレビ装置、脳波測定装置、大脳誘発電位測定装置、
骨密度測定装置、超音波診断装置(心臓、腹部)

【施設】

救急外来処置室、バイオクリーン1000クラスの手術室、バイオクリーン10000クラスの手術室、ICU28床

クリーンルーム(内科用2室、整形外科用1室)

リハビリテーション施設

水治療訓練室(歩行浴、全身浴、下肢部分浴、上肢部分浴等)

5種の浴室(車椅子のまま利用できる介助浴、車椅子機会浴、大浴場2種、全介助機会浴)

指定 各種社保、国保、労災、自賠責保険
施設基準 一般病棟入院基本料、回復期リハビリテーション病棟入院料、
療養病棟入院基本料
脳血管疾患等リハビリテーション科(I)、運動器リハビリテーション科(I)、
敷地・建物概要 敷地面積:13,275.07m2 建物:16,183.10m2 構造:RC造り地上4階建て
ページTOP