トップページ  >  当院について

当院について

ごあいさつ / 理念・基本方針 / 病院概要 / 沿革

ごあいさつ

理事長 武内 秀之

暲純会は創始者 武内暲純が昭和27年9月に津市北丸之内82(旧東検校町1819)に武内小児科医院を開設致しましたのが礎であります。昭和34年5月には現相談役 武内純四郎と共に20床の病院を開院致しました。

その後、平成3年4月に医療法人 暲純会、さらに平成19年3月にはより公益性の高い特別医療法人 暲純会、平成24年3月には特定医療法人 暲純会となり、現在に至っております。

暲純会は「武内病院」 「榊原温泉病院」 「津ファミリークリニック」 「津看護専門学校」の4施設から成り立っております。武内病院と榊原温泉病院は、一般の急性期の医療機関や国立総合病院と連携をとり、さらに大学病院の後方支援としての役割も果たしております。津ファミリークリニックは地域に密着した総合診療と訪問診療に力を注いでおります。また津看護専門学校は既に約800名を超える看護師を育成し、地域医療に貢献しております。

暲純会の理念であります“地域の皆様が安心して医療が受けられる、温かい医療環境の提供に努めます”を基本方針として、少子高齢や日々高度専門化する医療に対応しながら、今後も地域住民の方々から信頼され、ご支援いただける病院として全職員、全力をあげて努力していく所存です。



院長 野田 悦生

院長 藤田 光次当院は、昭和57年3月に津市(旧久居市)榊原町に三重県下で初めての温泉病院として開設いたしました。

当地区は、関西の軽井沢と呼ばれている青山高原の麓に位置し、清少納言ゆかりの三大名泉の一つに数えられる榊原温泉が湧きいで、温泉療法にとって天賦の地であります。

この恵まれた自然環境のもとに、落ち着いた雰囲気と明るさをモットーに最新の医療機器を整え、内科・整形外科・脳神経外科・リハビリテーション科を主体に、患者さんに優しい最良の医療の提供に努めております。

近年、高齢化社会の到来に伴い、これら疾患の増加と急性期から慢性期への疾患構造の変化への対応が迫られています。当院でも、回復期リハビリテーション病棟を開設し、患者さんの一日も早い機能回復、更に社会復帰に向け全職員一丸となって、より良い医療環境の提供に務め、理想の病院づくりを目指しております。

ページTOP